自分ビジネスとブログについての研究

ワードプレスが死ぬほどめんどくさかった。。。

それは新しいエディタが慣れなくて記事をアップしても
編集ができなかったんだよーーーーーーーーwww

やっと重い腰を上げてググったらプラグイン1個入れるだけとか。。。
そんなことで?笑

ってびっくりしてやっと記事の編集ができるようになった。笑

こういうとこがポンコツなのよね。。。笑

ということでワードプレス不在中のことを書いて行こうと思う。

 

不在中なにしてたの?〜ワードプレスとアメブロの違い〜

ワードプレスを離れていた間何をしていたかというと
ずっとアメブロ書いてた。。。笑

https://ameblo.jp/happycycle9858/

でもワードプレスの方も再始動していこうって思った時にさ
出てきたことがある。

 

ワードプレスって独立国家でしょ?
横の繋がりとかない単体で発信するもので
ネットの中でポツンと孤立するもの。

アメブロってさランキングとかカテゴリーとか
ハッシュタグとかフォローとか
それなりに繋がりがあるアメブロっていう国の国民同志で
繋がっていくみたいな感じもある。

両方やってみて思ったのは
表舞台はアメブロ 陽キャ

裏面はワードプレス 陰キャ
的な感じがした。

だからさ、自分の気分に合わせて
選んで記事を上げて行こうかなと思った。

 

変化①〜本格始動した自分ビジネスとは?〜

 

2020年4月にコロナのせいにしてパートを辞めた。

そこから何をしてたかというと
『自分ビジネス』を本格始動!

自分ビジネスとは

元 子宮委員長はるちゃんであり
現 八木さやちゃん

が提唱しているビジネスで
自分の細胞を売り尽くせ!
自分の細胞をお金に変えるんだ!
というビジネスの仕方です。

八木さやちゃんブログ
↓↓↓

https://ameblo.jp/atelier-ringo/

何が言いたいかというと

顧客・・・自分
ターゲット・・・自分
作り手・・・自分
売り手・・・自分

この世界中にちらばった『自分』に届けるために
自分自身の全てを使って
商品やサービスを作り
自分自身に届けて行こう。
という本来のビジネスの真逆を突き進むものです。

SNS上にリアルな自分自身を登場させ
ネットをフル活用してやっていくビジネスです。

 

自分ビジネスをやってみて

 

4月からやってきてなんか色々とち狂ってます。笑
わたしは周りを見すぎた。

だってみんな素晴らしいクオリティの商品を
ぼっこぼっこ生み出して販売してるし
自分ビジネスの人たちの商品って、届いて開けた瞬間
『あったかい』って感じて泣くんだよ。

そんな商品とであったことある?

わたしはそんな体験したことなかったから
これが 商品=自分を届ける ってこと
なんだなぁって実感したわけです。

で、肝心なわたしは何をしてたかというと
まず最初にバスボムを作り出したの。

もう楽しくて仕方なかったんだけど
薬事法にひっかかるからあげるのも売るのもだめで
販売中止しました。

調べずに突っ走って法律で引っかかって強制終了www

そこからなんかあれこれやるけど
なんかしっくりこなくて
結構難民だった。

そのあと時差式霊視をし出したら


ちょっと買ってもらえて
喜んでもらえて嬉しかったの!

でも、その後また難民になった。

なんでなんだろうってかんがえてたら。。。

はって気づいて衝撃だったのがね・・・

 

わたしのやりたいことは地味だから
派手なことをしなきゃいけない。

って思ってた。。。。

衝撃すぎた。。。。

 

 

わたしのやりたいこと

自分の発信を売りたい。

自分のやり方を売りたい。

自分で生み出したものを届けていきたい。

一人で黙々と研究していたい。

だったんだよね。

がちめの根暗でオタクなもんでさ
こんな地味なことだけじゃだめじゃね?って思って
なんか目立つことをなんか売れるものをなんか当たるものを
って探してただけなんだと思った。

それってほんとにやりたいことじゃなかったんだ。

こうやってブログ書いてるのって
すごく好きな時間で
でもすごく地味だからもっと目立つようにとか
映えるようにとか、変なふうに考えてどんどん狂ったんだ。

ズレてたしブレてたしとち狂ってた。

本当は文章売りたいの。

でも自分にはできないと思ってた。

そうやって諦めて違うことしてた。

でもしっかり考えてみようと思う。

そしてやりたいようにやってみようと思う。

だからとち狂っててもいいし
から回っててもいい
なんでもいいから今やってみたいことを
全力でやっていく
今自分にさせている経験が自分の財産なんだなぁって思た。

自分の激しすぎる浮き沈みもOKだ!がんばるぞ!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください