子育ては社会貢献だと気付いた話

ママになり1年10ヶ月になりました。保育園やこども園へは入園していないため、ほぼ息子と二人で過ごすことが多いです。そんなわたしは、社会に貢献していないと思っていました。

わたしが感じた疎外感。

息子と二人で過ごしていると、社会に出て働いてもいない。どこかコミュニティに属しているわけでもない。ましてや、積極的に輪に入っていくタイプでもない。

どこかに属することがもともと苦手なわたしは、外に出て働く。ということをやめてから、社会に対して何も貢献していない。そう感じていました。
子育ては社会貢献だ。

なんでこんなにも貢献意識が強いんだろうか?と考えた事もあります。

役に立つ、役に立たない。そうやって貢献できない自分を裁いていただけの様な気もします。

で、ある時ふと思いました。

社会って人が作ってるよね?

子育てって人を育ててるよね?

それって社会貢献じゃね?

と思ったんです。

気づきがわたしの意識を変えた

子育ては社会貢献だと気付いてから、とことんこの子の個性を伸ばしてあげたい。そう感じました。

今日母がボソッと…

『子どもって枠がないから本当に面白い。』と言いました。

わたしは、じゃあいつから枠ができるんだろう?と考えてしまいました。

わたしはこの子の今の性格を伸ばしていきたいです。

息子はとてもひょうきんでユーモアがあります。

音楽が好きで体を動かして全身で表現しますし、毎日とても楽しそうです。


本当に自分に素直で、正直で、わたしは見習うことばかりです。

わたしも息子みたいに素直に表現していきたいものです。

日常生活で、息子から学ぶことばかりで、とても充実しています。

まず、目の前の人を幸せにする

起業講座で教わったことです。これ、子育てでも同じでした。

今のわたしは、お客さんよりも、目の前の家族を幸せにしたい。そう思ったんです。

そりゃお客さんが来てくれたら嬉しいですし、精一杯できることをします。

でも、今よりもより自分らしくサービスを提供していくためには、自分の日常生活を家族と楽しむこと以外思いつかなかったんです。

幸せを続けるコツって…?

まず、自分が自分のことを幸せにする

幸せにし続けていく。

それは、自分が幸せだと感じることができる様に選んでいくこと。

日常生活での自分の些細な願いをコツコツ叶えていくこと。

それができると、やっと周りにも与えられる。

与えるには、自分が満たされて、溢れ出さなければ、与えられない。

だからまず、自分。

そして溢れ出たら、周りが勝手に幸せになっていく。

どんな時でもまず、自分から。

幸せは今すぐにでもなれるし、ずっとなくならないのです。

だから、とことん目の前の家族との日常をたのしみます。

今目の前にあることは、今の自分に必要なコト。

あるものを楽しむ。そんなわたしでいたいものです。

受け取ることと与えることについてはこちら受け取る 与える は常に一緒にいる。 https://happycyclecreate.jp/kokoro/feeling/post-254/

コメントを残す