子どもの救急病院にたどり着くまでの過程と結果。

機嫌よく遊んで、笑ってたのに…。いきなり『ぎゃー、ここー』とお腹を指差してギャン泣きし始めました。痛くて泣く。という事は初めてで、どうするか迷いました。

ひとまずとった行動

青森市 救急とGoogle検索した結果

休日・毎夜間の救急医療体制

https://www.city.aomori.aomori.jp/kenko-fukushi/anzen-kinkyu/kyuukyuuiryou/yakan.html
をクリックしました。

 

子ども救急電話相談

に電話をしました。

すると受診できる病院を調べてくれたんです。

今回は救急病院ともう一件。

どちらの電話番号も聞き、救急に行くことにしました。

電話すると小児科の先生がいるので、すぐどうぞ。と言っていただき、駆け込んできました。

わたしの母が車を出してくれて、わたしが息子を抱っこし出発。

夫に連絡すると、仕事が終わって帰宅途中。

まさかのタイミングで、ピックアップしてもらい、病院へ。

受診結果は、やはり便秘でした。

ベンが硬かったし、なかなか出にくかったのです。

浣腸してもらい、無事解決。

意外と動揺していたわたし

冷静にならなきゃと思い、そうしていたつもりだったのですが、病院について上手く靴が脱げず、後ろに尻餅をつきました。

そんな自分が可笑しくて!わたしめっちゃ動揺してるじゃんかー!と吹き出しました。

思わず出た一言…

『あーもーやだ。』

でした…。

ホントはアタフタしたいのに、冷静を装っている自分が嫌だったんでしょうね…。

思わず笑っちゃいました。。。

息子はギャン泣きしてるし

看護師さんは穏やかだし

わたしは息子を押さえなきゃいけなかったり…

なんか複雑でした。

ただあの時、もう医者行こう!と即決し、行動してよかったなぁと思いました。

タイミングよく、夫も一緒に病院に行けたし。

こういう時、家族で乗り越えられるっていいなぁって感じました。

病院の帰り際に息子が放った一言…
『うんこ』

…まさか、今ここで、うんこという単語を言えるようになるとは…

さすが我が子。

ナイスタイミングです!もう母は爆笑でした。

青森市の助成はすごかった

息子は早産で低体重児でした。

低体重児の成長過程について~息子の場合~ https://happycyclecreate.jp/babylife/mychild/post-154/
そのため、医療費控除の申請をしていたのです。

だから産後、病院に行っても0円でした。

今回は、救急だからさすがに、お金かかるだろうなぁと思いましたが…かかりませんでした。

青森市ってすごいなぁ。ありがとう。って思いました。

そうそう、青森市の妊婦健診もお金ほぼかからなかった気がします。

唯一かかったのは、風疹の抗体の値が高すぎて再検査した時くらい。だった気がします。

妊婦健診費、医療費となんだか優しいなぁと感じました。

青森市民でいることがなんかいいなぁって思えました。

息子は、泣いて疲れた&お腹がすっきりしたせいか爆睡です。

ひとまずよかったよかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください