これは魔の2歳児?それともイヤイヤ期?わたしが感じたこと


もうすぐ息子は2歳になります。

よくイヤイヤ期とか魔の2歳児とか言いません?

断乳してから息子のことがさっぱりよくわからなくなりました。

これは本当にイヤイヤ期や、魔の2歳児と言われることなのか。

ちょっと考えてみたいと思います。

 

そもそも何故そう思ったの?

最近さっぱり息子とかみ合いません。

オムツを変えたいのに変えさせてくれず、しまいにはギャン泣きのまま変えたり。

または、次々と連打で要求される。

これはわたしの手が二本なので、限界があります。

そして叶わないとね、チッって舌打ちすること覚えましたね。。。

わたしが無意識にやってるのかな?と思いゾッとした。

まぁ仕方ないよ。

もともとしつけとかできないし。

だから、よりコミュニケーションが取れなくてなんでかなぁと考えてしまったんです。

 

魔の2歳児?イヤイヤ期?なのか??

違う違う

変わったのはわたしだ。

ずっと怒ってるのはまっすぐ向き合ってるから

そんなに真面目にまっすぐじゃなくていいんだ。

だってさ…

引っ越ししたら、息子とほぼ二人。

もっとちゃんとしなきゃって自分にプレッシャーかけて、いい母親でいなきゃって、頑張ろうとしてた。

あーそれいらなかったんだ。
だって…

前はもっとふざけてた

前はもっとゆるく笑ってた

真面目になりすぎたんだ

息子はおちゃらけてる

これはママもっとふざけて

って事だったのかもなぁ。

 
『ちゃんとして』

『真面目に』

わたしがそんな言葉を連発して

前者アプリ使ってる時はしんどい時なんだ。

 

周りに言ってることは自分に言ってること。

だからさ、

もともとちゃんとできなくて抜けまくってるのに、無理やりちゃんとできる人になろうとしてた。

 

できないことを自分にやらせようとしてる時

できるふりして頑張ってしまう時

苦しくて仕方なくなる。

 

だからそんな時は

できないことはやらない。

できるふりしない。がんばらない。

をやるとき。

そりゃ子どもとコミュニケーションとれません。

自分ともコミュニケーションとれてないもんね。

 

そんな時は

子どもとめいっぱい遊ぶ。

楽しいことだけをする。

だから

もっとふざけて

もっと遊べばいいんだ

と思いました。

 

自分で言えたら癒える

 

自分に許可したら緩む
苦しい時は禁止の時、自分に許可しよう
わたし怒鳴る母親でもいっか

どうせ怒鳴ってばっかりですから

と諦めて許可したとたん自分が楽になる
どれだけ自分に禁止してたことか

禁止してると自分を見張る

そして怒鳴った自分を責める
やっていいよ、やめていいよ

って自分を許せると、めっちゃくちゃ楽になる
そして、わたしは、苦しさ、大変さもOK

もちろん痛さも恥も失敗もOK

 

だからそこを無くすために自分を変えたり学んだりしなくていい

子育てにおいて感じる全ての感情にOKをだしてるからこそ、今のわたしのままでいいんだ。
そもそも、それを経験したくてそうしてるんだし。笑

 

感情に良し悪しはない。ただ感じるだけ。

怒りも

悲しみも

痛い

辛い

苦しい

大変

不自由

制限

もあっていいし
喜びも

嬉しさも

心地いい

楽しい

ちょろい

自由

無限

もあっていい
不自由も自由もあっていい
全てわたしにあっていい

だってあるんだもん

 

いいじゃん

 

全部持ってるわたしがいいね!

禁止を見つけた時は、反対側も受け取るサイン

怒鳴るママの反対は?

穏やかなほんわかママ。を受け取るチャンス
真面目にまっすぐ。は、

不真面目でくねくね寄り道。

を受け取るチャンス

 

なんかいいね!

凹んだ時、

心屋仁之助さんの魔法のうた
を聞きます。

とにかくこのCDやばいんですよ。

なんか聞くだけで『いいんだー!』

『今のわたしそのまんまでいいんだー』って、受け入れて認めることができて、なんか楽になるんですよ!

だから、自分で自分に許可をだして

『いいよ〜。』って言っていく母親でありたいものです。

もちろん、いいよ。って言えなくても、いいよ。なんです。

結局はどっちでもいいんですよね〜!

全てはわたしの心次第ですね。笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください