わたしなりの子どもが可愛く見えてくるかもしれない方法

最近やっと心から『あ~可愛い』そう思えるようになりました。

多分今までは可愛いと思い込もうとしてたんだと思いました。

本当に可愛い時って、ふっと湧いて来るものなんだなぁ~と実感しています。

どうして可愛いと思えるようになって来たのかを書いていきます。

可愛いにも可愛くないにも許可を

可愛くないって思っていい。

私はそう思います。

だって仕方ないじゃん。

わたしなんて。。。

もう限界。。。

誰か助けて。。。

目の前から消えて欲しい

何度思ったか。。。

産後から3年間ずっと一緒にいて

しんどくて辛くて

どうしたら楽になるのかわからなくて

でも楽しく過ごせるように頑張ってた。。。

自分のやりたいことをやるために

がむしゃらに走ってた時も

何回もこどもが邪魔だと思った

その度、なんでこんな母親なんだろうと

悔やんで泣き崩れた

多分子育てがどういうものなのか

知っていたら

わたしは子どもを産まなかっただろう。。。

子どもが可愛く見えないメカニズム

私自身のストレスが溜まっている時や

辛いことや苦しいことがある時

精神的に来てる時に

ほんとによく発動します。

もう何もしたくなくなる

子どもの顔も見たくない

そんな時ただただノートに書きます

可愛く見えない

うるさい

もういやだ

逃げたい

限界

消えたい

書いてるうちにボロボロ泣けて来て

ひたすら泣いて

自分自身に閉じこもります

そうすると見えて来るのは

自分自身の不安や恐怖で

決めなきゃいけないこととか

もやもやしたこととか

自分の中の消化できてないことがでてくる

こどもがかわいくない

はダミーで

自分の中身を引き出す手段でしかない

どんなことを使っても自分を責める

どこまでがセーフで

どこからがネグレクトや虐待なの?

身体的なもの精神的なもの

さまざまな角度から

いろんな情報がある

ネットには正義や正論ばかりが書かれてて

何も見たくない

こどもはみんな違う

親もみんな違うのに

正論や正義で裁く

見てるとどんどん苦しくなる

わたしは子育ての方法とかも学ばない

できない自分が苦しくなる

情報に左右されて

知識で固めて自分自身がわからなくなるから

それにうちの子はなくと手をつけられなくなる

ほんとにギャン泣きスイッチがはいると

声をかければかけるほど激しく泣きつづける

もうさ本当にほっとくしかないわけ。。。

それがネグレクトだ、虐待だといわれるのなら

マジで子育てなんてやってられないなぁと思う

好きで泣かせてるわけじゃない

なすすべがないし

ほっとくのがベストなだけなの・・・

子供だけを救えたらいいのか?お母さんたちに必要なのはなんだろう?

本当に必要な情報ってなんなんだろう?

どんなお母さんでも大丈夫だよっていう

言葉だけでいいんじゃないかな?

実際にわたしは自分が限界の時

こんなおかあさんでもいい

私がどんな私であっても

こどもには幸せになる力があるし

自分の人生を歩いていくから大丈夫

そう思うところに行き着く。

子育てに方法も手法も知識も

自分を責めることも他人と比べることも

なんにもいらなくて

ただただ自分に許可を出してあげることなんじゃないかな?

限界になる母親でもいい

子どもが可愛くない母親でもいい

母親やめてもいいし

子育てが苦手でいい

預けられるだけ目一杯預けていい

自分一人の時間を目一杯楽しんでいい

自分がやりたいことやっていい

旦那に任せて泊まりで遊びに行っていい

ゆっくり一人でお風呂はいっていい

家事放棄して旦那にやらせていい

自分にいいよ!って言えることで

子どもに対してもだんだん寛大になれてきた

まだまだ可愛くない時もあるし

自分の限界に達する時もある

でもその都度自分に許可を出してあげたい

わたしは子育てをしながらじゃないと

自分自身に許可を出してあげられないのかもしれない

それでもいいや。。。と思う。。。

わたしのおすすめの子育て本

やっぱりじんさんのこの本・・・

心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本posted with ヨメレバ心屋 仁之助 WAVE出版 2017-04-20 Amazon

『お母さんが幸せになる子育て』

がわたしには一番効きます。

自分の子どもが、お花畑(後者)なのか

マルチタイプ(前者)なのか

がわかることで、子どもとの関わりが楽になる

私自身が後者で、前者アプリを入れ

ちゃんとしなきゃいけない病にかかっていたので

私自身がまず後者であることを許していくこと

が書かれています。

子育て本だけど、お母さん自身のあり方

について書いてくれています。

子どものために

よりも

自分のために自分の機嫌をとって

楽しく生きようよ!!!

っていうお母さんを応援する本だと思います。

わたしみたいに自分のことを責めてしまうお母さんに

是非読んで見て欲しいなぁと思います。

あなたが今すぐ自分に許可を出したいことはなんですか?

許可だしていいよ♡

去年初めてこの本を読んだ時の記事

チャキチャキ系?お花畑系?お母さんが幸せになる子育て。

https://happycyclecreate.jp/babylife/855/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください