そこにとどまってよし!!!

自分の現実は自分で作っている

だからこそ

何を選んでも自由

どこへいっても自由

何をしていても自由

だからこそ

留まりたいときはとことん止まったらいい

立ち止まるとき

自分の心がぼろぼろな時だったりする

ぼろぼろだと認められなくて

何かで埋めようとする

私の場合は食べることで埋める

食べないとイライラする

食べるのをやめると

悲しくなって

苦しくなって

自分を責める

そんな時食べて埋めようとするのも

できなる時が来る

急に食べたいものがわからなくなる

でもそれが自分自身をみるチャンス

 

 

 

 

自分のタイミングは自分が教えてくれる

食べ物の次はコーヒー

カフェインを過剰に取り出す

自分でも気づくんだよ

でも見るのが怖くて

認めるのが嫌だから

次々違うもので埋めようとする

でもさ、いい加減にしろって

自分から言われる

食べたいものがなくなって

コーヒーもおいしくない

DVDだって見終わっちゃった・・・

で、思い出す・・・

それが自分のタイミング

だから今の自分をやりきるだけ・・・

 

 

 

 

自分の状態を認める勇気

あーやっぱりまだ苦しい

思い出すと悲しい

なんであんなに言われなきゃダメなの?

もう本当に嫌だ

わたしの想いはどうなるんだよ

あんなにやったのに

そんなに悪いことしたのか?

自分の中の葛藤とか

やりきれなさとか

苦しさとか

ぐるぐるしてる

これがつらいんだよ

これがくるしいんだよ

ずっとずっと抱えてるのも苦しい

見つめるのも怖い

でも忘れることはできない

見ないふりを続けるのは限界がある

自分のタイミングで

自分で認めて行かなきゃいけない

 

 

 

 

自分を認める怖さ

自分を責めてること

でも自分のことを守るために

相手のことや状況とかも責める

自分自身の深いとこにある

どすぐろくて重たい闇

そこからどんどん溢れ出て来る

愚痴・罵詈雑言

 

溜め込んできたのは私

いい人なんかじゃない

都合のいい人なんかになりたくない

 

わたしはわたしをいきたい

誰とでも対等でいられるわたし

だれにも怯えることなく

だれにも屈することなく

わたしはわたしを優先していきたい

 

今まで自分にしてきたしうちを

手放して

他人より自分を優先していたい

 

 

 

 

わたしがわたしを生きる覚悟

これがものすごく怖い

嫌われる

責められる

怒られる

叩かれる

そんなことを丸ごと受け入れてでも

他人より自分を優先したいのか?

 

でもさ、他人の目を気にしていても

結局は

逆ギレされるし

嫌われるし

責められるし

叩きたい奴らは叩く

だったら好きなようにしたらいい

そうおもうんだけど・・・

怖いんだよ・・・

 

 

 

 

 

わたしは何が怖いんだろう?

他人の目を気にしているのは

責任転嫁できるから

 

でも自分で決めて自分を生きたら

責任は全部自分

 

全ては自分次第になる

自分が傷つくのも

自分がもともと反応するタネを

持ってるだけだってわかってる

でもさ、できれば傷なんて見たくなくて

穏便に楽しいだけで生きられたらいいのに・・・

 

でも何か、どこか突き抜けてる人たちは

ちゃんと影も受け入れてる

それがすごいと思った・・・

 

でもやっぱり叩かれるのは怖いし嫌だ

怒られたことを晒されるのも嫌い

苦しい

つらい

かなしい

痛い

を見たくなかったのか・・・

もうあんな想いしたくない・・・

 

人からの評価が怖い

どうせ嫌われるし

どうせ良くないことしか言われないと

思っているから・・・

 

でも、もうすでに

めんどくさいやつだし

きらわれてるし

信用もないし・・・

そう思いたいから

もうすこし閉じこもる。

気がすむまで閉じこもることにする。。。

だってやっぱり苦しいから・・・

心の回復が先だ・・・

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください