根っからの社会不適合者の社会適応へのチャレンジ

社会に適応できない

というかそもそも適応する気もない

多分…適応したくない

というか適応という認識がそもそもない

小学校行きたくないけど行くしかなくて

中学校も人間関係でもめて

高校は一匹狼で

社会に出ても全く適応できない

人とうまく話せない

どんどんこじれるし

逃げるようにやめて転々としてきた

同じとこで1年働けたことないっす!笑

もうさ、根っからの適応障害

社会不適合者なわけです。

でもでもでも

今チャレンジしてるのは

心のことを学んで

あり方を見ながらなら

社会で働いていくことはできるのか?

というチャレンジをしています。笑

やっと、ここにきてやっと

アスペルガーとADHDが強いんだなぁと

自覚したわけです。

だからなんだ?

って感じなんだけど

その2つのレッテル+ど後者

という切り札があることで

なんか安心していられるから不思議。

多分それを把握しないままだと

とことん自分が悪いんだ

って思い込んでいくから

責めまくるし

敵つくるし

情報を知ってることで

自分の特徴や陥りやすい傾向がわかる

そこで自分はどうしたいのかを

見つめていくことで

現実を変えられるんだと思えてきた。

わたしは病院に行くつもりも

薬を飲むつもりもない

心のことを使って適応したい

社会の中では

アスペルガーもADHDもど後者も

ただのポンコツでしかないと思ってた。

でも不思議なことに

社会の外では

ものすごい力を発揮する。

わたしはポンコツだけど

ポンコツじゃないんだ!

って自覚した。

やりたいことには

ものすごい力を発揮する

やりたくないことは

ものすごい勢いでポンコツ化する

やりたいことしてても

ポンコツ化を発揮もするけどね!笑

自分のことは使いようなんだと思う。

だからこそ社会の中でも

自分を生かせないものだろうか

と思うんだよね。

ADHDだろうとアスペルガーだろうと

似たような傾向の人とは

ちゃんと話が通じるし

わからないことを教わることもできる

傾向と特徴と自分を見る視点があれば

働いていけるんじゃないだろうか?

とも思うんだよね。

とか言いつつ

相当ストレスで相当やめたいの!笑

でもそこにチャレンジしたいわたしもいる!

そうそう。

そうやって自分をいじめてるから

他人からいびられる。

ということもふに落ちて

会社にいる間いびられても仕方ない!

って思ったら爆笑だった!笑

だから自分なりに

どうしたら社会に歩み寄れるのか

どうしたら適応できるのか

試行錯誤してみようと思っている。

もうちょっとがんばってみよう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください