叩いている人を叩いているそんなわたしも同じなんだと気付いた

今回の件は本当に悔しくて
ただただ泣きできるほとを探し
でも結果としてダメだった
不甲斐なかった・・・

今回わたしは本当に頭にきた

叩いている人たちは
広告収入を得る
つまり人を傷つけて収入を得ている
ということ
どうして純粋な思いを
そこまで叩いて
お金に変えていくことができるんだろうか
そしてよってたかって
文句や苦情をつける
それはどうして?
個人攻撃でストレス発散してんじゃねーよ
そう思った。

しかも匿名でやる
いじめでしょ?
それいじめだよね?
もうほんとに悔しくて悔しくて仕方なかった。。。

 

 

過去の私との戦い

さんざんもがいて苦しんだ
わたしはどうしたい?
どうしてこんなに自分のことのように
あつくなるんだろう?

わたしは過去の自分と戦っていたんだと思う
なんでもブログのネタにし
ストレスの発散のために記事を書く
あのころのわたしを思い出して
あのころのわたしと戦っていたんだ
過去の自分を否定して
世の中のせいにして
こんなのいやだー
変えてやる!
そう思って戦って惨敗した・・・

わたしはわたしに負けた・・・

 

 

 

やりきることの大切さ

こんなに悔しかったことないかも
というくらい悔しくて
悲しくて
どうしようもなかった

そしてすっごいむかついて
クソくらえ!
そう思った。
そう。
叩いてた人のことを
叩いてる
私も結局同じだった・・・
自分の中では正義でも
相手から見たら同じだった

ブログのポリシーには
誹謗中傷コメントは削除すると
あるくせに自分は記事で誹謗中傷している
そんな人たちと同じことをしていた。

きづいてまた絶望したよね。

 

 

 

否定の循環から抜けるには?

今回とことん否定や責めることや罪と
むきあった。
とことんやりきった。
腹くくって覚悟して挑んだ
わたしの中にたくさんの怖さもあったけど
怖かった未来はなかった。

それどころか、一緒に進む仲間がいることが
なによりも心強いと思った。

否定を否定するという
僕の最大の矛盾は・・・
というセカイノオワリの歌詞・・・
それを思い出して
こういうことかと腑に落ちた

否定から抜け出すには
とことん否定すること
そして自分が思いっきりもがいて見たらいい

闘い尽くして
思いっきり負けて
わんわん泣いて
自分でハッと気付いた時にきっと
終わるんだと思う

でも否定はきっとなくならない
肯定がある限り否定はなくならない
だからこそ自分なりにそのつど
向き合っていきたいと思ったのでした。

コメントを残す