受け取るチャンスは何度もくる〜家族のこと〜


私にとって『家族』ってなんだろうか?

私にとって『子育て』ってなんだろうか?

一児の母になった。でもわからないことだらけ。

でもね、大切なことは、『心』を見ているのか?ということだと思う。

自分が生まれてきた家族からたくさんのことを学んでいます。

その学んだことを自分の子育てに循環させます。

 

 

 

私がずっと悲しいって思ってたこと。。。

 

私が母を見ていて感じていたこと。

それは、『私に迷惑をかけないで。』ということ。

『人に迷惑をかけてはいけない。』といつも人目を気にしていた母。

 

何かあると、人の心配をしているフリをして、自分の身を心配していました。

 

父が何かをやらかしたら、

『またわたしが〇〇しなきゃいけなくなる。』という

相手の問題+自分の身の心配を話すんです。

 

 

ということは、相手に何か問題がある=自分の問題

で、どうしたら自分にかかる迷惑を減らせるのか。しか頭にないのかな?

と思っていました。

 

 

なんかもうそれが私には悲しくて悲しくて。

 

おかぁさんに迷惑をかけてはいけな。迷惑をかける私はダメなんだ。

 

そう決めたんだと思います。

 

そう。自分の悲しさを感じないように、決めたんだと思います。

だから、今ものすごく悲しい。

 

これが私の『家族』なんだなぁ。

これが私の選んだ家族だったんだなぁ。と

改めて悲しいなぁそう思います。

 

 

自分が選んできた家族

 

私が選んできた家族は、

迷惑をかけることを禁止している家族

家族の間でさえも。。。

 

 

そして気づいて変えていけることもあるよ。と教えてくれるんです。

 

前の私は、こんな家族は家族って言えない。

 

家族ってもっとあったかいもので、心から受け入れてもらえるもの。

であって欲しいと思っていました。

 

だから自分の選んだ家族を否定していました。

そして責めていました。

 

でもね、こんな家族でもいっか。と思えたんです。

 

 

こんな家族でもいっか。って思えたからといって

 

悲しいことが起こらないかというとそうじゃなくて

悲しいことが起こってもいっか〜。っていう許可なんだよね。

 

で、悲しいことがあっても、私の家族ってこうだったよね。

って受け入れるだけでいいんだよね。

 

 

 

 

家族が教えてくれた学び

 

自分の親と弟の関係を見ていて感じることがあります。

お互いに表面的なお付き合いのみ。

家族なんだから腹割って話せばいいのに。。。

と思うんです。

 

 

どう向き合ったらいいかわからない。とか、嘘ばかりを並べていたり。

今忙しいいから。といって後回しにしていたり。

 

それって、いつまでたっても向き合わないし、ずっと繰り返していく。

 

隠し事をしてて、本当は助けて欲しいのに、

隠し事がバレたくないために嘘をつき続ける。

 

その嘘を知っていても、見て見ぬ振り。

そのどこが家族だというんだ。

 

もっと心に寄り添うんだよ。

そう私は思いました。

 

 

表面的な物理的なお世話は、小さい子供の時まででいい。

本当に手を貸すのは、『心』の部分だと思うんです。

 

 

 

 

本当に求めているものは何?

 

本当は助けて欲しい。本当は助けたい。

本当は話を聞いて欲しい。

本当は一緒に解決して欲しい。

本当は甘えたい。

 

今の母と弟を見ているとそういうことを言いたいんじゃないかな?

と思うんです。

 

でも素直になれなくて、そのまんまの自分じゃ

受け入れてもらえないんじゃないかってこわがって。

余計に反発して見たり、相手に突っかかって見たり。

 

そうやって傷つけあって離れていく。

それって辛いだけなんじゃないかな?

辛くて、しんどいのが好きならずっとそれでもいいけどね。。。

 

 

 

今私が家族のためにできること

 

まずは、私が、母と弟の心に寄り添うこと。

 

でもここで大切なのは、相手がそれを必要としているのか。ということ。

先ほど、母が私にどうしたらいいか?と聞いてきたんです。

だから、伝えました。

 

このまま縁を切って離れてもいいけど、

それよりも他にできることがあるんじゃないか?ということ

弟は弟でしんどいことがある。

そこに寄り添っていくことはできる?と聞きました。

まぁ、そこからどう行動するかは、母次第なんですけどね。

 

私は私ができることをします。

 

 

 

私は自分の家族にどう向き合っていく?

 

今息子は2歳です。

日々成長しています。

私は、息子の心に寄り添えているんだろうか?

 

一緒にいることだけが心に寄り添うことではないだろうし

全ての要求に応えることがいいことでもないと思います。

 

子育てにおいて、心に寄り添うって、具体的にどうしたらいいのか

よくわかりません。

 

でも、自分を犠牲にしたりすることじゃなくて

まず自分を大切に、自分に素直にいる。

ということが大事なのかな?

 

ということは変わりません。

 

きっと何か自分を優先した後に、子どもにフォローを入れることなのかな?

と思ったりします。

 

自分を優先することは、子どもを邪険にしてるということではない。

私も大好き。子供も大好き。

自分を優先させてる時でも、あなたのことが大好きなのは変わらない。

 

ということ

というか、

 

いつもいつも大好き。って言ってぎゅーってする。

 

きっとそれだけでも心って満たされていくんじゃないかな?

と思いました。

 

私は私らしく息子と心と向き合っていきます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください