気軽に『助けて』が言えなかった。

わたしここ最近悔しかったことがある。

 

 

それは

なんでもすぐ

『ちょっと助けて』

という夫。

 
夫が息子といるときは

『助けて』って言えるわたしがいる。

 
でも、日中息子と二人のわたしは

その

『ちょっと助けて』

という相手がいない。

 
それがものすごく悔しくて

すっっっごいむかついて

ものすごく拗ねました

 
だから

『ちょっと助けて』と言われるたび

『え〜』

と言ってみたり

知らないふりしてみたり

『今じゃなきゃダメ?』

なぁんてはぐらかし

自分でやらせました!笑

 

わたしの回避のためのやり方が汚いよね。笑

 

さすがにイラっとして

 

やっと昨日言えました。

 

 

『あなたはちょっと助けて

って言えるわたしがいるけど、

わたしは言う人がいないんだよ。』

 

 

『だからそれくらいやって!

わたしも一人でやってんだから!』

 

 

と言えた!

やっと言えた!

腹のなかのムカつきを

スコーーーーーーン!

と言いましたよ。

 
そしたら

夫なりに考えたようで

昨日から『ちょっと助けて』は

無くなりました。笑

 

 

でも、きっと

軽いノリで

『助けて』って言えるのが

羨ましかった。

 

ただそれだけなんだなぁ。

 
人がいるいない関係なく

『助けて〜』って

軽ノリで言っていいのに

 

 

人に助けてもらう=おおごとじゃなきゃダメ

って言うのが

自分の中にある

 
そしてさらに

どうせわたしは助けられない

断られるのが怖いから

『助けて』って言えない

 
だから簡単に

それ一人でできるよね?

 

 

ちょっとの工夫と頑張りでできるよね?

 

 

わたしもやってるんだからあんたもやれー!

という考え。

 
えっ?

なんかわかんない。

とにかくなんでも『助けて』って言っていいの?

 

 

一人で頑張ろうとしてもできないこと

だけじゃなくて?

 

 

頑張れば一人でもできちゃうことでも

『助けて』って言っていいの?

 
えー?

まぢ?

だれに?

あっ!


いた!

 
よし!息子に助けてもらおう!笑

というか協力してもらおう!

 

子どもはできない。

それはわたしの思い込み。

だって、洗濯物は脱衣所に

持って行ってくれるし

 

干してあるのは自分で取り込める。笑

 

そしてお皿も下げてくれるし

着替えだって自分で持ってくる。

 

自分で履くオムツも持ってくる!笑

 

もう子ども頼み!!!

まぢで助けてもらおう!笑

というか、協力してもらおう!

 
夫がいるときは夫に助けてもらおう。

 
もう、今それやりたくない!

だからやって♪

 

 

で、いっかー!!!!!

 
もう軽ノリで助けて〜

help me 〜笑

で、行こう!笑

 
わたしは頑張りすぎると

愚痴や不満が爆発。

八つ当たり。

そこまでしなきゃ本音が言えないのもやめよう。

 
思った時に言う!!

それで終わり!!

がいいね!笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください