産後マジックハンパねー!!!2年2ヶ月のわたしの心の変化

わたしの産後は

自己犠牲ばかりで

子どもを守らなきゃ

子どもを育てなきゃ

子どもを子どもを

と自分のことなんて何も考えず

ひたすら息子第一優先で、すごしました。

 

自己犠牲ばかりで産後うつへ

 

1ヶ月早く産まれた息子は

1685gでした。

そのためわたしより二週間長く入院しました。

わたしはというと

子どもを早く返せと

毎日のように息子と病院を見張り

産後なのに病院に通いまくっていました。

退院してから産後うつへと一直線。

息子が泣く

何かして泣き止ませなければいけない

その想いだけにとらわれて

できない自分にイライラし

とにかくどうやったら泣き止むのか

だけを一日中模索してました。

もう他のことなんて考えられなかったんです。

そういう時って誰の手も借りられない。

もう麻痺ってるんです。

自分がやらなきゃ

自分が

わたししかいない

自分のご飯なんて後回し

とにかく泣かれるのが嫌

誰かが来てくれても

安心して落ち着いて休むなんてできなかったなぁ。

信頼して誰かの手を借りてみる。
産後うつって自覚ない。

わたしは医者に行ったりはしてないけど

あれはやばかったね。

きっとね、もっと余裕を持てたらよかったの。

泣いてもいいよ。

泣かせてもいいよ。

そのくらいじゃ死なないから。

今ならわかることがたくさんある。

でも初めての子どもで

何をどうしていいかわからず

ただ毎日無我夢中で

他のことなんて何にも考えられなくて

頭にあるのは

しんどい、辛い、早く終わって

1人になりたい

泣き声のないとこに行きたい

そんなことばかり

何をどうしたら楽になるのかなんて

調べる余裕すらない。

オムツかえて

授乳するだけで

生きてるのが精一杯でした。

それは息子の生命力を全く信じられなかったから

だから見張っていないと

怖くて怖くて仕方なかった

 

 

 

 

 

 

 

2年2ヶ月経ってやっとわかってきたこと

 

この2年の間にいろんなことがありました。

低体重でしょ?

病院通いがしんどくて途中でやめたw

そのおかげで助産院に出会えた

アトピー

アレルギー

で除去食(小麦、卵、大豆、乳製品)

を徹底的にやってみたり

便秘で救急に行ったり

突発になったり

一通り見てきたけど

やっぱり息子はすごい

自分の体の付き合い方をちゃんと知ってる

そして自分で乗り越えて行ってる

乗り越えるというか

『これ俺の当たり前なんで

すぎたら終わるのでそれまで待ってー!』

って言われてる気がしてね。

わたしがいかに

自分の主観で息子を見ているかに

気付かされる。

もうそれいらないんだなぁって思う。

だからわたしからどんどん離していこうって思えたんです。

これからきっとたくさん病気もらうと思います。

大切なのはその病気を乗り越えていく

体の力を信じること

かかりたいタイミング

成長に必要なタイミングで

息子が病気をもらってきてかかると思う

だから信頼して構いすぎないように

見守っていきたいと思います。

産後2年で構いきった気がしてます。

だから安心して送り出せそう!

 

 

 

 

 

 

 

親ができることってなんなんだろう?

 

息子が毎日を楽しむために

親ができることは

息子の選択にお金を出すこと

こども園に入れるように手続きをとること

環境をあげたら

あとは勝手に進んでいく

だから安心して見守ったらいい

あとは、まあ何が起きても

大丈夫。

わたしも息子も大丈夫。

って思っていることなんだと思います。

わたしもやっと精神的に落ち着いてきたようです。

産後ってもろに守りに入らない??

子どもを守ろうとすると同時に

他者への攻撃が同じっていうね…

 

もう過保護なママはやめます。

周りは敵だと思い込み鬱になり

周りは愛だと気づいて感動する

感動できるまでわたしは回復してきたし

その回復はきっと

産前のわたしより

豊かになってる

そんな気がしてます。

産後マジックハンパねー!笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください