青森ねぶた祭り

青森市には

ねぶた祭り

というお祭りがあります。

ちなみに八戸は三社大祭

弘前は青森ねぷた

五所川原は立佞武多

といって県内でも地域によって

違うお祭りが楽しめます。

 

青森ねぶた祭り

 

青森市のねぶた祭りは

8月2日〜8月6日まで

夜間運行19:10〜21:00

まで運行します。

8月7日は午前中の運行で

夜は花火大会と海上運行です。

海上運行は、賞をとったねぶたが

海の上で披露されるのです。

ねぶた祭りは

正式な衣装を着ていれば誰でも参加できます。

参加するもよし

沿道から観るもよし

基本的にどこからでも見れるのですが

座ってゆっくり見たい方のために

有料観覧席もあるんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のねぶたを写真で振り返る

ねぶたには前と後ろがあります。


後ろ


ねぶたは基本的に原色ではっきりした色合いが多いです。

迫力満点なんですよ!!

 


後ろ

 

 


後ろ

 

こんな感じで大型のねぶたがたくさん運行します。

祭りを盛り上げるのは

お囃子の太鼓、笛、手振りがね

演奏する人は囃子方

衣装を着て踊る人は跳人(はねと)

といいます。

各ねぶたに囃子方と跳人がいるんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のわたしのお気に入り

後ろ


『天草四郎 昇天』というタイトルでした。

キリシタンだった天草四郎。

そのためキリスト、マリアさま、天使たち

が描かれています。

ねぶたでキリストが出てくるのを

初めて見てびっくりしました!!

そしてわたしは釘付けでした!笑

キリスト教ではないけど

キリストが好きなんです!笑

来年はどんなねぶたが出るか楽しみです!

コメントを残す