わたしの気づき。


みなさんは、どういう時に自分に気づきますか?わたしは、今回、出来事の最後にどかんと気づきました。そんな気づきのネタです。

お金を敵にしていたわたし

昨夜の出来事からとんでも無いことに気づいてしまったんです。

救急病院へ駆け込んだ話→https://happycyclecreate.jp/babylife/everyday/post-408/
ブログを書き上げ最後にきた自分への気づき…

それは…

お金について…

息子は医療費に関してのことを書き…

お金がかからない。

これを優しさ。と捉えたわたし…

ここ。そうここ!

お金がかからない。=優しさ。

安いことも優しさ

タダも優しさ

だと思ってるってことは…

お金を敵にしてないか?

お金がかからないことが優しさ。

ということは、お金を邪魔者にしてないか?

もう一人で悶絶…

お金は敵でも味方でもなくて、ただただ巡ってきてくれて流れていく。どんどん循環しているだけなのに、わたしってば…

敵にして邪魔者にしていたなんて…

もう気づいてぶっ飛びましたよ…

しばらく気づかないフリとかしてみたけどダメです。

これを認める。

わたしはお金を邪魔者にしていました。

お金さんごめんなさい。

いっつもそばにいてくれたのに、わたしが勝手に邪魔者にしていたなんて…

そりゃ受取拒否ですよ…

借金増えるわけですよ…

今は借金減らせてます…笑

もうお金さんと仲直り。

お金をかける。=価値を受け取る。

うんうん!気持ちいい循環じゃないか!!!

お金を使って自分のほしいものを買ったり、楽しく生活しているのに邪魔者はないよね・・・

わたしってひどいやつ・・・お金さんホントごめーん・・・

戦っていたのは他にもあった

わたしは医者が嫌いで、出産は、個人病院なら総合病院へ移ったんです。

そこで!とことん病院と戦いました。

完全に独り相撲ですけどね…

妊娠前から、西洋医学と東洋医学があることを知り、西洋医学を嫌い、排除しようとしていました。

だから薬なんて飲まないし、病院にも行きませんでした。

もうとにかく寝てりゃ治る。戦法でしたから。

そしたら、産後、見事にどっぷり西洋医学でしょ?

自分に禁止してモノの中にどっぷり押し込まれたんですよ…

そりゃ戦いますよ…

わたしはこんなの嫌いだ。早く病院からだせ。息子が入院してても元気だったから、早く退院させろ。わたしに返せ。こんなとこ一刻も早く出たい。

もうそれはひどいものでした。笑。

我ながらよくそこまで素直になれたなぁと思います。

精神科へ送られても可笑しくなかったんではなかろうか…笑

でも、息子が退院するころには、すっかり、戦わなくてよかったんだなぁと思えました。

看護師さんたちが息子のお世話をしてくれていたから、息子は体重を増やせたし、オムツ替えや沐浴、授乳もできるようになったんですから。
迅速な判断ができるようになった

で、今回、息子がお腹痛くてギャン泣き。きっと以前のわたしなら、病院には行かずになんとかする方法を探したでしょう。

でも、病院で浣腸してもらえば終わる。と思ったので、わたしのエゴで痛みを伸ばしてしまうより、最短で痛みを解放しよう。と思ったんです。

息子にも病院行く?と聞くと、『うん』と言って外を指差していましたし。

だから、自分のこだわりより、相手にとって何がいいのか。で選んで行きたいなぁと思えました。

で、最後に青森市は、優しいなぁと思えたし、医者も戦う必要ないということが腑に落ちたし。

必要に応じて使い分けて行ったらいい。

大切なこと

わたしにとって大切なことは、わたしがどうしたいのか。で選ぶこと。

今回は、わたしが息子のために、こうしたい!と判断し行動しました。

今回のことで、やっぱり息子はすごいなぁと実感したことがあります。

普段から何食べたい?と聞くと、にんじん、ごぼう、いも。というのです。

気分で食べたり食べなかったりもします。

でもなぜこの3つなんだろう?と不思議でした。

後からネットで便秘にいい食材を調べたら、ベンを柔らかくするには、人参がいい。ということが判明。

だからにんじんだったのね…と…

もうびっくりでした。

わたしのことはわたしが決める。

それと同じように息子のことは息子に聞けばいい。そう改めて実感しました。

子どもは全てを選んできています。

親も人生も自分であることも。

だから選べるんです。

話せば理解できるんです。

伝えて話してみてください。

言葉で言えても言えなくても行動で答えてくれることもあります。

子どもとのコミュニケーションは、言葉と行動だと思います。

わたしは、これからも息子とのコミュニケーションを楽しみます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください