自分はこうした。こうしてほっしかった。が本音

本音って感情じゃないんだ!

感情を感じた。

だからこうしたかった。

だからこうされたかった。

その、だからの先が本音。

そしてその本音のとこまで言わないと

わけがわからないよ!

っていうお話です。

 

 

 

あのさぁ。

わたしはこう思った。

こう感じた。

って伝えるってさ

そりゃ気持ちいいだろうよ。

でもそれ自分だけだよね。笑

 

 

伝えるまでに

たくさん考えたんだろうよ。

ああでもないこうでもない

やっぱり伝えよう。

って思ったんだろうけどさ。。。

 

 

言われた方はさ・・・

・・・。

で?

・・・。

ん?

それだけ?

終わりなの?

なんだったんでしょう?

ってなるんだよね。。。笑

 

感想?

前の目にでずっこけるわ!

 

 

思ったことだけを伝えられたところで

なんだったんだろう?

で、おわりじゃない?

 

わたしはこんなこと思ったの

こんな風に感じたんだよ。

あ〜そうだったんですか〜。

しか返せなくね?

 

 

これわたしよくやってたなぁって思った。

 

そりゃ何も伝わらないわ!笑

こう感じたからこうして欲しいなぁ

こう感じたからこうだったらうれしいなぁ

って言われたら

 

 

おお。そうか。

ってなるじゃん。笑

 

 

まぁでも言われたからって

かえないこともあるけどさ

伝えられた方としては

わかりやすいよね!

聴ける範囲で聴こうと思うし。

 

 

感じたことだけだと

結局なんだよ。なんなんだよ。

っていう消化不良が起きる。笑

 

 

前の私だったら

そこからさ。。。

相手のことを理解しよう

相手のことを察して

自分の行動変えよう

としてたわけ。。。

 

それを止めるいいきっかけになってさ

今回は思考を停止させて

自分のことを考えた。

 

ねぇねぇ、こんなの来たけどどうする?

わたしはどう返したい?

返さなくてもいいけど

後々うるさそうだから軽くあしらっといたいよね

 

うんわかる。

まじでやっかいだから

沈めときたいよね・・・

 

うん。

じゃあどんな文章で返すのが好み?

 

う〜ん。。。

 

あの時わたしどうだったっけ?

びっくりしてあせった。

 

おお!そのままの事実だけを返しとこう。。。

それがいいね。笑

 

ということで

結果的にそれ以上ほざいてくることなく沈下。笑

 

 

今回のことでやっとわかったことがある。

相手のペースから出るコツ

相手の波や勢いや渦の中でそのまま飲み込まれていくと

感情に感情で返して大惨事になるから

今回は自分のやりたいことがたくさんあるから

そこに時間と労力使いたくないです。

って思った。

 

 

だから一回携帯おいたよね。笑

どうしようかな?

とりあえず17秒深呼吸してみよう。

 

ちょっと胃のあたりがさわさわしてる。

これこれ!これが焦りのサイン。

ちょっとわたし!焦らなくていいよ!

大丈夫だから。

 

そこからわたしに聞いて行った。

どんな文章で返すのが好み?

どんなふうに対応したいの?

って自分で選んで決めてから答えた。

これでいいんだなって思った。

 

 

たとえもっとすごいうんこが来ても

一回閉じて

自分の体の反応感じて

胃のあたりがわさわさしたら

これは金塊が出るサインって思って

自分に質問して行こう!

 

 

それでこの気づきがぶわーーーーーーーって

出たんだよ!まじ金塊!

 

感情だけ伝えるのはただのうんこ

 

きらいです

いやですって叫んでるのと同じ

 

だからどんなのがいいのか自分で見つけて

そこまで伝えてこいや

っていうことに気づけた。

 

自分が伝えるときも

こう感じたのでこうがいいです。

こう思ったので、わたしはこうしたいです。

こういう言い方や伝え方をしていきたいと思った。

 

 

望まない現実だけをみて

望む現実を無視して

相手に望みませんって言っても伝わらない。

 

 

望まないことと望むことは

やっぱり同時に出るね!

だからこそ自分で望みも見つけて

叶えて行こうよ!

 

それができたら他人にうんこなげなくてよくないか?

 

結局そうやって

自分に構って欲しいだけで

自分のことを大切に扱えって

ほざいてるだけでしょ?

 

そんなのやる必要なくなるよね?

 

望みが見れないからうんこなげてるんじゃない?

 

希望を自分で見れるようになるって

素晴らしいことだね♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください