飾ることは自己表現

年に1回くらいディスプレイをするチャンスがきてます!

去年はドリプラ青森でのブース作り

今年は長島地下駐車場にある

ギャラリーの1区画の展示

さらに個展3会場の展示と、チャンスをもらってます。

もともと空間ディスプレイをしたくて

ディスプレイ関係の仕事がしたかったので

願ってもないチャンスなのでした。

ディスプレイって自分の感覚

配置することって

自分がこうしたい!

に従って1つ1つ忠実に置いていくこと。

どう見せたいか

何を感じて欲しいか

それを明確にして

自分の中の感覚と配置を一致させていく。

物にはしっくり来る場所が必ずあって

それを探っていくのがディスプレイであり

1つ1つのしっくりを見ながら

全体をしっくりさせるというか。。。

それが楽しくて仕方ないから

ついつい時間をかけて探求しちゃうんだよね。。。

 

 

 

 

去年のドリプラでのブース

与えられたテーマは『駄菓子屋みたいなブース』でした。

わたしはテーマをもとに5W2Hをもとの考えていきます。

What・・・何を

Who・・・だれ

When・・・いつ

Where・・・どこで

Why・・・なぜ

How・・・どのように

How money・・・いくら

に当てはめて

コンセプトを作っていきました。

当日の9月1日 残暑だったなぁ・・・

ターゲットはこどもたち

楽しく学べる場所のPRでつくりました。

完成ブース

 

 

 

わたしの準備の仕方

イメージを作る

 

飾る物のサイズを測って

一つ一つの大きさを決める

作れるものは作り

 

並べてみる

わたしはアナログなのでこんなやり方してました。

プロや企業の人は

専用のソフトで図面作ってやってるはず!笑

 

 

 

 

作り終わってみて

やっぱり楽しかった。

想いを物で表現する

想像を

現実化する

それがすごく楽しかった。

次回は長島地下駐車場の展示

個展の展示についてです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください