一緒にチャレンジできることの喜び

悔しかったなぁ〜。。。

どんなにがんばっても
何度チャレンジしたとしても
一回の実績には敵わないこともある
そんなことを学びました。

ただチャレンジしたことによって
得たものも多い
予算書が完成した。

これはものすごい成果なのは間違いない

もう未知の世界だったから
できる人にお願いして
何度も直してもらった

今回のことで
わたしは予算書が上がってきても
見方がわからなくて
そのまま提出する
ということをしていた

もっと早くから
担当になってもらい
やりとりしてもらえばよかった…
とかも思うけど

でもいっしょにがんばった!
それが嬉しかった!

 

 

チャレンジできる喜び

こうやってチャレンジさせてもらえる
一人ではできないチャレンジが
仲間と一緒だとともに挑める
絶対一人だと心が折れてもうやらない
となるわたし
例えダメだったとしても
ここまでできたことはすごい

何かに挑戦する時
やっぱりいろんなことが起きる
でも一つ一つ解決して
また挑む
その挑戦のゴールも結果もわからないけど
コツコツ挑むんだよね!!

 

 

結果と過程どっちも大切

やっぱり思うような結果にならないと
落ち込むしイライラするし
もーこればっかりやってられない!!
とか、いろいろ出てくるわけ。
でも言い出したからとりあえず最後を目指す。
するとさ、書類が完璧に仕上がって
それでダメでも仕方ない!
と思えるところにたどり着く。
それがきっとベストをつくす。
なんだろうね!

ベストを尽くして
これが最後だな!
これでダメなら仕方ない!
と思って挑む。

やっぱりダメだった。

結果だけ見たらダメだった。

悔しかった。
悲しかった。

でも今までのような
怒りや責める気持ちはなく
ひたすら悔しい!!!
ただひたすら悔しかった。

もしかしたらわたしは
ものすごく高くて厚い壁に
挑んでいたのかもしれない
最初から鼻で笑われてしまうような
知らないからこそ挑めたのかもしれない

でもいいんだ!
だってがんばったもん!!
最後まで気がすむまでやった!!
だからいいんだ!

さぁ、次に進もう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください