あのときの悔しさや悲しさを安心感にしたい。それがわたしの原動力だった。

自分がこどもを育ててみて
いくつか気づいたことがある

わたしが自分をしんどい世界に
おいていた。と言うこともあるけど

でもそれもきっと自分なりに
選んできたこと

わたしのせい。という苦しい子育て

わたしはこどもと外出することが
苦痛で仕方なかった。

もちろん1685gで生まれたから
ちっちゃい。って言われることで
責められてる気がしていたから。

小さく産んでしまった。
わたしのせい。

そう思っていましたから。
そして人の目が怖かったから。
子どもがぐずってあやせなくて
もてあましてる自分をみられたくない。

そう思っていました。

その時点でかなり苦しくて
・こどもは泣き止ませなきゃいけないもの
・静かにさせられる、迷惑をかけない親がいい親
そう思っていたので、できない自分が
情けなくてしんどくて
毎日いっぱいいっぱいでした。

頭では、いい母親ってなんだって模索して

泣きやませるとか無理

迷惑かけないとか無理

静かになんてさせられるわけない。

だからいいんだよ。って思っても

実際は怖かったんですよね。

 

 

 

産後のわたし

わたしは産後、自分の持ってる全ての感情が
どんどん表に出ました。

しんどい、つらい、苦しい
逃げたい、消えたい
毎日毎日のたうちまわりました。

あれは産後うつだったんだろうか?
とにかく自分のひどい状態を見られたくないけど
だれかいてくれないと怖くて仕方なかった。

社会とつながるツールは
SNS、TVくらいで

毎日新生児と一緒
たまに病院にいくのも
待ち時間長いし荷物多いし
抱っこしてなきゃいけないし
授乳でしょ?

1回病院でおむつからうんこ脱走して
泣きそうだった。

なんか1つ1つがしんどい笑えないの。。。
そんな余裕ないの・・・

その場に置いて逃げたいと何度思ったことか。。。

生後半年でアトピーとかアレルギーがでて
かゆがって眠れず
母乳だったからわたしが食事制限
大豆、小麦、卵、乳製品

ますます外食とか無理で
毎日武士みたいな食生活だった…
魚焼いて、おろしすって、漬物とご飯!
米みそとか米の醤油とかで
美味しくご飯食べてたなぁ。

 

 

 

年齢とともに外出も変わる。

0歳1歳をつれての外出は
おむつ・授乳のことを考えて
荷物をもつ
あとは覚悟。
外に出る。
という覚悟。

だって外には逃げ場がない。
常に知らない人がいる・・・

だから一人ではでかけなかった
母親か旦那の休みに車で・・・
とかかな。

でもなかなか休みがなかったりして
よく煮詰まってたなぁ〜。。。

ただ、雪がなくて車が運転できて
オムツ替えとか授乳の環境が整ってる
そこまでいけばなんとかなる!

という安心感
だんだん動けるようになりました。

2歳になると歩くし
自己主張も激しくて
思い通りにならないともう大変
だからここでもう一度
ひきこもり期再来です。

ただ、外食の幅は広がりました!
お寿司食べに行けるの!!
卵以外普通になってきて
パンとか食べてるし!

でもいちどぐずられると
もう無理。
わたしが無理。
だから外出しない。
という選択になります。

でもだんだんスムーズに

外出準備できるようのになってくるものですね♪

慣れです慣れ!

あとはタイミング。

眠い時とか本当に地獄などで

予定の前に寝てもらうか

予定の間に寝てくれたらいいなぁなんて

思いつつ、調整できたりできなかったり。。。

 

どうしても参加したいときは
最悪、話が聞けなくても
資料をもらえたらなんとかなる
そう思って参加していました。
そこで中途半端な子連れOKだと
あーやっぱり参加しなきゃよかった
次は絶対預けよう
そう思うんです。

 

息子はまだ2歳9ヶ月なので
ここから先は未知数です。

 

 

 

2年9ヶ月から学んだこと

外出先が安心であれば
外出するということ。

例えば、オムツ替えできたり
おもちゃがあったり
授乳できるとこがあったり
ベビーカー持ち込めるとこもいいし
なんなら寝た時に
降ろせる布団とかあったら
もう最高♫

だからね
わちゃフェスは、
本当の意味での子連れOKの場にしていきたい

今の段階で授乳室・おむつがえができる工夫
に試行錯誤しています。

会場にベビーカー持ち込んでもらってOKだし

なんならベビー布団も準備したいくらい!!!

授乳室は専用のお部屋借りました。
そこでママさんならオムツ変えてもらって
パパは他の場所でオムツ変えられるように
しくみ作ります♪

わたしが経験した悔しさや悲しさを
安心感に変えられるようにがんばります♪

 

 

 

こそだても10人10色

わたしは苦しい子育てをしてきた
でもその苦しさ全部やってやろうと
そのとき覚悟したんだよね。

そしたら、今、あの時の苦しさに
チャレンジしようとしている

このチャレンジで
きっともっとこどもを育てることに
楽しさと安心感を持ってもらえる
社会にしていけたらいいなぁと思う。

苦しい子育てを選ばないこともできる
それはそれで素晴らしいことだよね♪

そして一度も怒ったことがない
というママもいる。
それもまた素晴らしいことだね♪

で、わたしのように苦しい子育てをして
そこを変えようと経験をいかす人もいる。

だからね、どんな子育ても大正解。
だからこそ、どんな子育てのママにも
優しい社会。優しい環境の場所
を作っていきたいと思う。

子育てに関することは本当にたくさんある
どれも本当に素晴らしいから
自分のであったことを実践したらいい

わたしは学んでも実践できないと
自分が凹むから

のぶみさんのワークショップを見た時の
あの感動が忘れられない。

おかあさんたち
いつもおつかれさま!
もっと毎日楽しんでいいんだよ♪

って姿勢で見せてもらったきがして
ただただ、こどもとの時間を
楽しめたら
きっと子育てははなまるで
いままでのどんな子育ても大正解なんだ。
そう思って涙が出た。

忙しいとなかなか時間が取れなかったりするけど、
楽しそうに一人で遊んでるのをみると
わたしも嬉しくなるし
頑張ろうって思う。

忙しなりにできることはあって
ご飯は必ず一緒に食べる
お風呂で遊ぶ
抱っこしてって言われたら抱っこする
オムツ変えるときにくすぐって遊ぶ
そんな毎日です。

2月は一時預かりができなくて
28日に1回だけで
頼みの綱はババと夫の休み・・・

結構ハードで
先月は結構預けられたから
このハードさを忘れていたんだなぁと
言うことに気づけました。

やっぱり、安心して預けられる場所
があるのとないのとでは
わたしの気持ちが全然違う。

預けられるって楽!!!

久しぶりにぶわーっと溢れて
記事にしました。
わたしの今の原動力は
あの時の悔しさや悲しさを安心感に変えたい
という思いなんだね♪
きづけてよかった♪

毎日チャンス♪がんばるー!!

そんなわたしの想いの詰まったわちゃフェス
4月28日(土)です。
チケットはこちらから
https://wachawacha.thebase.in

コメントを残す