伝えるためにどうするのか。

今日は起業講座で
アチーバスという
ボードゲームをしてきました。
講師はかりやんこと
かりやコージさん

アチーバスをやってみて

実は2回目のアチーバス
自分がどう回すのか
どうやってみんだて達成するのか?
考えすぎて頭痛い!笑

全体を見れる人
中間の立場にいそうな人
個人プレーが得意な人
みんなそれぞれでおもしろかった。

仕組みとか全体に気づいてるもいれば
部分的に気づく人もいる

気づくって人それぞれタイミングがあるし
全体に気づくのか
部分的に気づくのかでも変わってくる。
気づくポイントも視点も違う。
気づいてもできないわたしもいるし。。。笑

わたしは自分が思うには
中間にいたと思う。
2回目だし。。。

中間役はどうしたらいいのか。
一番鋭い人と部分的に気づいてる人の
中間にいてどうサポートしたらいいのか
にすごく悩んだ。。。

今の自分の現状と同じ気がした。

噛み砕いて話す
話す言葉を相手に合わせる
確認して共有できるまで話す
それがなかなかできない。

自分が理解してることと
相手の理解してることをすり合わせる
そのための
コミュニケーションが
すごく難しかった。
でもアチーバスまたやりたい!!!
だれもアチーバスできなかったから悔しくて。。。

 

 

 

本日のぶっ飛びポイント

今日もかりやんから名言が。。。

伝えるってことは
相手が受け取って初めて
伝えた。になるんだ。
だから相手が
受け取れる状態なのかどうか。

も考える必要がある。

ということを言ってました。

伝える。って一方的に
話すことではない。
受け取ってもらえて
初めて伝えた。伝わった。なんだ・・・

 

 

みんな違うということ。。。

帰りのバスでひたすら
伝えるということについて考えてた。

伝えるとは相手が受け取って
始めて伝えるということ。

相手の受け取れる状態かどうか

これをどうしたら実践していけるんだろうかと。。。

明らかに違う方を見てる人がいる
でもゴールは多分、同じだと思いたいけど。。。
でもこれもひとそれぞれに
ポイントが違うし
最終のゴールなのか
1つ1つの業務のゴールなのか

きっとみんな違う。。。

みんな、違うんだよ。

だからこそできるだけ
まとまって進んでいきたいの。。。
そもそもそれが無理なのか?
もしかしたら今、
意思疎通ができてる人が
多いことの方が奇跡なのかも。。。

 

 

 

じゃあどうしたらいいんだろうか・・・

方法が違う
手法が逆
ひとりひとり
考えも価値観も経験も違う

従ってもらうことと
足並みをそろえてもらう
ことは違うよね?

全く同じ方法じゃなくてもいいんだけど
全く違うことをぶっこんで
こられると
自分がわけわからなくなる

そして意思の疎通が取れない
論点も激しくずれる・・・
交差するポイントがないから
一方通行で終わる。

だから、
相手に受け取ってもらえるところまで
自分が工夫して話すということ

他にできることはなんだろう?

わたしの伝えたいことをわかってくれた人に
間に入ってもらって噛み砕いて
伝えてもらうのもいいね。

そんなことに気づいた。

実践しながら伝えられる自分
になっていこう!

コメントを残す