なんのために関わるの?わたしは自分のために関わります。

経営ってなんだろう

なんのためにするんだろう

わたしは何のために事業をしたいんだろう?

誰をどんな風に幸せにしたいんだろう?

わたしが叶えたい夢ってなんだろう?

失敗の先にあるもの

大失敗した時、この世の終わりだ!

と思いました。

そこで全部捨ててしまおうかと思いました。

でも捨てるのって

きっと続けることよりずっと簡単で

なかったことにして忘れてしまえばいいんだと

思うんです。

でもわたしにはそれができなかった。

なんでなんだろう?

だってね、自分の中の『想い』が明確になっていたから

どうしてもその『想い』を捨てられないんです。

自分の想いを自分の意図を

自分が一番大切にしていくために

その大失敗があったんだと思えます

ただまだ完全に振り切れてないんです。

 

 

 

 

失敗からまた前を向くには

大失敗と散々向き合いました。

でも向き合うのも痛いんです。

引きずってても痛いんです。

でも忘れられない・・・

最近やっと少しずつ

思考が前を向いて来ました。。。

ここまでにわたしがしたこと

・過去に楽しかった職業に再度つく

(私の場合はコンビニのバイト)

・今目の前にあることを進めていく

(今はドリプラ青森のこと)

・大好きなDVDを見る

(ワンスアポンアタイム)

・起業講座の過去のテキストを見返す

・ぐわっと出て来た時に出て来た分だけ

ノートに殴り書き

・自分の想いを改めて見返して

今後どうしたいのか見つめていく

多分一回道から逸れて

気がすむまでそれて

また戻って、またそれて

その繰り返しで少しづつ戻って来ました。

 

 

 

 

1つダメだったからといって全部やめなくていい

今年ドリームプランプレゼンテーション青森2018

に関わっています。

わたしはプレゼンターを直接支援する

というよりは、間接的に支援になるかな?

こどもたちの遊ぶ環境づくりをしています。

みんなが講義に集中できるように

また、こどもたちはこどもたちらしくいられるように

どうしたら長時間共存できるんだろうか?

お互いに楽しく過ごせるようにと思い試行錯誤しています。

実は、大失敗で本当に凹んだ時

ドリプラに関わるのもやめたくなりました。

だってみんな、なにかしら貢献していて

楽しそうで、うまくいってるように見えていたからです。

だから、わたしなんかいかないほうがいい

とか、モチベーションが上がらなくて

足を引っ張るんじゃないかとか・・・

 

でもね、みんな簡単にうまくいっているわけじゃなく

相談しあって解決策を見つけて進んでいく

諦めずに進み続ける人たち。なんです。。。

 

だから、大失敗してもそこからまた進み続けてみようかな。

と思ったんです。

みんないろんな経験をしているから

それを聞くだけでも本当にがんばろうって思える。

そんな人たちと出会えたことは

本当に幸せなことだと思います。

 

 

 

 

大失敗は自分のあり方を見直すチャンス

大失敗したのは、進み方や

進んでる時の私自身のあり方が違ったということ。

多分違ったのは

・自己犠牲的だったこと

・自分の時間やエネルギーを大切にしないで

相手がどう思うのか。に合わせて動いていたこと。

・できないこと、できること、

やりたいこと、できるようになりたいこと

を全部一緒にしてしまっていたこと。

(自分にはできると過信していた)

 

今やっと客観的になれてきていて

自分はどうしたいのか

今の自分はリラックスしているか

楽しめているのか

で動くことをしています。

 

それに大失敗の裏には大成功があります。

どっちもセットで一緒に飛び込んできました!笑

 

思いっきり大失敗を認めて受け入れると

反対にある大成功も受け取れる!!

最近大成功もちょっとずつ認められてきました。

 

どうしても大成功と大失敗を天秤にかけて

でもなーって凹んで行くんです!笑

失敗するわたしでいたい。ってことか…

大成功するわたしでもいいのにね!笑

 

 

 

 

ドリプラはチャレンジの場

昨日も実はすごくチャレンジでした。。。

こどもたちがどうしたら楽しんでくれるか

本当に未知数で

考えてもわからなくて

未知の世界・・・

だから、思い切って道具だけ準備して

あとは危険がないように見守ろう!

とだけ決めていきました。

 

そして・・・

わたしならきっと大丈夫。

そう信じることにしました。

 

会場についてすぐ自分のズボンとカーディガンに

キャラメルマキアートがビシャーーーー・・・

とりあえず、トイレで応急処置

簡単にシミ抜きをして

右半身びしゃびしゃでした・・・笑

もうここで一回折れました。。。笑

でも、さすが服飾専門学校卒。。。

 

自分でシミ抜きできちゃうし

やっぱり大丈夫だ!

と持ち直しました。。。

というか吹っ切れました。。。笑

 

その後も子どもたちの

人数も多くなくて

ダンボール、新聞紙でクラフトしたり

絵を描いたりして楽しく過ごしました。。。笑

 

 

 

 

子どもたちから学んだこと

わたしが子どもたちから学んだこと

・基本的に見守りスタイル

・過剰に構いに行かなくていい

・話しかけて来たら答えられる範囲で答える

・こどももおとなも対等でいい

・危険な時だけ素直に話して回避

・こどもたちには十分遊ぶ力がある

・十分想像力もある

・それぞれが個性的で最高におもしろい

 

こどもたちの支援というより

わたしは環境を整えるだけ

そしてそこに道具を持ち込むだけでいい

 

ということを学びました。

わたしも一緒にものづくりで楽しみました・・・笑

 

 

 

 

私が楽しいこと&事業のキーワード

わたしは今回子どもたちの支援に入った

それによってママが集中して参加できる

何より私は子どもたちの生態を知ることができる・・・笑

 

結局わたしは『一気に』『いっぺんに』『幸せ』『楽しい』

それがテーマな気がして来た。

 

一気にってダメだと思ってた

できないと思ってた

でも、いっぺんにとか一気にとかできるんだよね。

 

その一気にとかいっぺんに、が

どのレベルで何人かなのにもよるだろうけど・・・

でもなんかすっきりしてきて

きっと欲張ることに禁止してたんだと思います。

 

でも欲張りでいいや!

一気にいっぺんに楽しく幸せになる

サービスを受けた側もわたしも対等に

そんな方向で進んでいきたいと思いました。

だからイベントづくりが楽しいんだ!!!

 

よし、仕組みを考えて

資金計画をしっかりしていこう!!!

 

わたしみたいに

失敗しても続けたいことがある人は

ぜひドリプラ青森の相互支援会へどうぞ!!!

オブザーバー参加もできます!

次回は6月24日(日)です。

http://drepla.aomori.me/

参加にはお申込が必要です!

HPから申し込んでくださいね(^-^)

では、会場で!!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください